読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life goes on

何かJavaScriptとかVimとかMacとかに関係してそうな深淵から覗かれる者

あるフロントエンドエンジニアの1日

JavaScript Vim Git HTML Command

Frontrend Advent Calenderの14日目の記事です。

風邪引いてちょっと遅れました…。

先週ですが、札幌でSaCSS Special4 Frontrend in Sapporoというイベントで講演させていただく機会がありました。 自分は"黒い画面"ことターミナルやコマンドに慣れていない方に興味を持ってもらおうという感じで、お話をさせていただきました。

ターミナルに興味が出てきたところで、「どうやって作業してんだろ?」っていうのが見ないと分からなかったりもすると思います。

自分は日常的にターミナル内で作業してるのですが、こんな感じでフロントエンドに関わる作業するのかなーという一例として書いてみます。あくまで イメージです。

  • 10:00
    • 出社してiTerm2を立ち上げる。
    • tmuxtmuxinatorを使って、その日の作業に対応した、paneとかwindowとか指定してる。
    • メールチェックはVmailAirmailを使い分けしてる。何か返信とかはAirmailで、閲覧はVmailっていうのが多い。
  • 11:00
    • Vimをエディタとして使ってる。
    • 大体tmuxのpaneを1つvim用に開いておいてそこで作業してる。ファイルとかは大体前日の続きというのが多いので、Unite.vimで開いたことあるファイルを検索して開く。
    • 一度ファイル開いたら大体のファイル開いたりという作業はctrlp.vimを使うことが多い。
    • Vimのタブ毎に開いてるプロジェクトが分かれてる感じにしてる。大体1つのタブに4つくらいは画面分割してファイルを並べる。多いと8個とか。
  • 12:00
    • 大体関わってるプロジェクトではSassとかStylus使ってる。
    • 上記のコンパイルとかするのにGrunt使ってるのでこれに専用にtmuxのpane割り当てる。
  • 14:00
    • 一段落してGitを使ってcommitしたりpushしたりmergeしたり。
    • リポジトリの履歴なんかはさくっとtigとかVimの中からgitvを使う。その時の状況により。
  • 15:00
    • GitHubを使用したりすること多いので、hubとかgit-extras使って省力化してる。
    • 途中で「このfunction名どこで使ってるのかいな…」ということでack使って検索かける。検索がもっと速いって言われるSilver Searcherはあんまり好みじゃない。
  • 16:00
    • 「このメソッド何だっけ…」と思ってDashを使って検索。大体GUIの操作というかアプリ開いたりなんだりはAlfredからやってる。
    • ファイル検索もAlfredからやること多い。普通にパスを入れてくと選べるので便利。
    • Alfredの万能感ハンパねえ。
  • 17:00
    • JSONのレスポンスが見にくいので、jqコマンドで整形しておいたり。いらないレスポンスは削ったりする。
    • Wikiのドキュメントを追記するのに自分はWiki形式よりMarkdownが良いので、pandocで変換。ドキュメント関係はこれ1本で済んでる。
    • MarkdownはVimで書いて、vim-quickrun使って、Marked2を使ってプレビュー。
  • 19:00
    • styledoccojsdoc3のドキュメントを更新しておく。
    • この作業もやっぱりGrunt使って作業。インターフェース一緒なので良い。
    • お疲れさまでした。

上記はフィクションですが、大体こんな感じかなと。他にサーバーでの作業が必要ってことで、ssh使ったりとかもありますけど。 慣れると(ほぼ)ターミナルで作業が完結して、キーボードしか使わなくなるので便利に思えます。もちろんブラウザでの作業とかありますけど。

まあ、あんまりフロントエンドっぽくない話だなーって気もしますが、こういう人間もいたりするってことで。

それではみなさま良いCUIライフを送ってください。